株式会社ジェーピー東京都江戸川区上一色3丁目25番2号  
03−3655−1271  
 TOPページ  お問合せフォーム  ABOUT US  LINK 商品のご購入はお電話でお問合せください  
あこがれの 車中泊
車内をフラット化して 車外からの遮光とプライバシーを保護する
車中泊セット フラットパッド、イージースリーパー
サンシェード
今、注目のカースタイルを応援します!



フラットパッド
、イージースリーパー

Flat pad & Easy Sleeper
(フラットパッド & イージースリーパー)

★ この商品は、リアシートとフロントシート背もたれの間にできる空間にEasy Sleeper を埋め、フラットな空間を
   確保するものです。(フルフラットシート)

★ Easy Sleeper の取付はシートのヘッドレストの取付け穴を利用し、前後、横ずれを防止します。

★ フルフラットシートは、身長180cmの人でも寝転べるベットを、多目的に開発した商品です。
   ※ 実用新案取得済 ※



取付け手順  対象車種 : SUZUKI EVERY WAGON

奥から
フロントシート背もたれ用 Flat pad 2点
リアシート座面用 Flat pad 2点
Easy Sleeper 2点





SUZUKI EVERY WAGON
SUZUKI EVERY WAGON


Flat pad
フロントシート 背もたれ用 2点

Flat pad
リアシート 座面用 2点

Easy Sleeper 2点
全長:1,800mm
【 手順−1 】
フロントシート(運転席、助手席)のヘッドレストを外します
SUZUKI EVERY WAGON
ヘッドレストのアームを止めている「ノブ」を押しながら、ヘッドレストを上に引き上げます。


ノブはシートの片側だけです。 シート上部の固定部が横に大きくなっているのがノブです。


ヘッドレストが上がらない場合は、ノブを押し込む力が弱いか、ヘッドレストが斜めに引き上がっている場合です。



オーナーさんのご好意で、納車直後の車輌に取り付けさせて頂きました。 シートはまだビニルが被ったままです。
(オーナーの元木様に感謝)
【 手順−2 】
フロントシート(運転席、助手席)を前方一杯に移動し、背面を後部に倒します
SUZUKI EVERY WAGON
シートは前後に移動できるようになっていますが、シートを押しただけでは移動しません。


移動の際はシート前方の下部にある「シート移動レバー」を引き上げながらシートを押します。


運転席、助手席ともに移動して下さい。


その後、背もたれを後部に水平になる位置まで倒します。



う〜ん、新車の匂いが新鮮です!
【 手順−3 】
リアシートの「背もたれ」を後方に倒します
リアシートのピロー(ヘッドレスト)を外します。
リアシート上部にある「ノブ」を押しながらピローを引き上げます。


背もたれの上部にあるレバーを引きながら、背もたれを後方に、水平位置まで倒します。








運転席側、助手席側ともに実施して下さい。


右の画像は助手席側を倒し終わった状態です。
フロントシートの背もたれが、リアシート座面まで来ているのが分かります。
SUZUKI EVERY WAGON SUZUKI EVERY WAGON
【 手順−4 】
イージースリーパーをリアシートの「背もたれ」に固定します
SUZUKI EVERY WAGON
イージースリーパーの固定バーをピラー(ヘッドレスト)の穴に、「カチッ」とストッパーが止まるまで差し込みます。


イージースリーパーは方向があります。 対象のヘッドレストの穴の位置に見合ったイージースリーパーを選びます。


この時点ではイージースリーパーの後部は浮いていますが、次の手順でしっかり固定させます。

【 手順−5 】
付属の固定足でイージースリーパーの後部を固定します
SUZUKI EVERY WAGON

事前に、イージースリーパー後部・下面にある、2本のネジを確認して下さい。


イージースリーパー下部にある2本のネジに、付属の固定足をねじ込みます。


イージースリーパーの手前を持ち上げながら、固定足をねじ込みます。
イージースリーパーが水平になる位置で、締め込みを終了します。


固定足の下部は、車輌の荷物室の床で固定されます。

【 手順−6 】
最後にフラットパッドを運転席、助手席に置き、完成です。
SUZUKI EVERY WAGON


フラットパッドの設置は、運転席ドアや助手席ドアを開け、位置を確認しながら座面にフィットする場所に置きます。


フラットパッドの一対は、運転席、助手席の 背もたれ に置き、もう一対は リアシート座面 に置きます。

フラットパッドの下部の出っ張りが、座面の凹みに合う位置がフラットになります。

SUZUKI EVERY WAGON


片側だけですが・・・ 完成しました

「フラットパッド & イージースリーパー」と、別売の
車種別サンシェード で、楽しい車中泊をお楽しみ下さい!


オーナー様のリクエストにより、納車直後のディーラーの駐車場で、ディーラー担当者も見学しながらの取付でした。

【元木様談】
片側をフラット化すると片側に荷物が置けるし、両方使えば家族で車内泊が気楽にでき、多目的に使えるなぁ。 これからの旅行が楽しみだ!

【担当者談】
こんな製品が有るんですねぇ。 EVERYで気軽に車中泊ができるとPRしますよ。


簡単に取付でき、多目的に使える
フラットパッド & イージースリーパー は大好評でした。

【 使わないときは・・・ 】
別売の専用バッグに入れておきます
SUZUKI EVERY WAGONN


【 商品のご購入、お問合せ 】


商品のご購入、お問合せは お電話 お問い合わせフォーム

株式会社ジェーピー
東京都江戸川区上一色3丁目25番2号
03−3655−1271


SUZUKI EVERY WAGONSUZUKI EVERY WAGON
(イメージ画像)




本製品ご使用上の注意
  1. 本品は車種別の専用設計になっています。 指定の車輌以外では使用しないでください。
  2. 本品を本来の目的以外に使用しないで下さい。
  3. フロントシート背もたれのヘッドレスト取付け穴に、本品が完全に差し込まれていることを十分に確認して下さい。
  4. 自動車を移動させている時は本品を使用しないで下さい。
  5. 運転中は本品が移動しない場所に収納するか、固定をしてください。
  6. 本品を設置した車内に小さなお子様だけを残すことはお止め下さい。
  7. 取付には一般成人の力を必要とします。 子供が取付け、または組立てをすることは危険です。
  8. リアシート足元に荷物などが置かれている場合は、本品を使用しないで下さい。
  9. 本品周辺での裸火の使用はしないでください。
  10. 本品を設置した場合、本品の上で飛び跳ねたり、本品の一部に大きな加重が加わる行為はしないでください。
  11. 本品を設置したときに足の部分が不安定だったり、取付け部分がぐらぐらする場合は、使用しないでください。
  12. 本品のマット部分が異常に変形している場合は、使用をしないで下さい。
  13. 本品を分解したり、取付け部分を改造しないで下さい。
  14. 本品を使用するときに足の部分が完全に固定されていることを確認してください。
  15. 本品を設置したときに上から重い荷物を落とさないで下さい。


前のページに戻る


ご注意
 ・工具などで怪我のないよう、ご注意ください


当ホームページの記載内容を無断で使用することを禁じます
TOPに戻る

Copyright(c) JP Co.,Ltd. All rights Reserved.